お知らせ

花粉症とはアレルギー疾患のひとつです。
体内に入り込んだ特定植物の花粉を、体が異物だと認識して、どうにか体外へと追い出そうとすることで発生します。

出てくる症状は人によって異なりますが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目の痒みが代表的な症状としては挙げられます。
花粉症の原因となり得る花粉を持った植物は、日本には約60種類、存在すると言われています。
その中でも有名なのは、やはりスギかと思われます。

冬が終わり、暖かな春先になってくるに従い、街中などではマスクをした人の姿が多く見られるようになります。
またニュースなどでも取り上げられることがあるため、花粉症と言うと、時期としては限定されているものと思われている方も多いかもしれません。

しかし先述したように、原因となる花粉を持った植物はスギだけではないため、夏や秋にも花粉症を発症することもあります。
花粉症を発症した場合、アレルギー症状を抑える薬を使用することで手っ取り早く対処することができます。
アレルギーの原因となるヒスタミンをブロックすることにより鼻炎やかゆみ、蕁麻疹を防ぐことができます。

アレルギーを防ぐ薬の種類として、第1世代と第2世代のものがあります。
第2世代のものは第1世代よりも副作用が少ないためアレルギーで弱っている人にはおすすめです。

オロパタジン塩酸塩は第2世代の抗ヒスタミン薬のため、比較的気軽に使用することができるでしょう。
また、花粉症を発症させる植物に近づかないことも対処法として有効です。
夏と秋に花粉症を発症させる花粉を持った植物としては、ブタクサ、セイタカアワダチソウ、そしてイネが挙げられます。
そしてこの中でも特に、ブタクサとイネの花粉症に悩んでいる人は多いとされています。

ブタクサは、道端や空き地などによく生えている、高さ1mほどの雑草です。
約2~3mmの黄色い小花が複数、集まった先端部分が特徴です。
一方のイネは、田んぼなどでもよく見かける植物です。

主食がお米である日本人にとっては、古くから馴染みのある植物とも言えます。
どちらもスギに比べると、花粉はそう遠くまでは飛びません。
ですから、これらの比較的、なじみのある植物が花粉症の原因になり得ると言うことを知っているのと知らないのとでは、大きな差が生まれます。

知っていれば、夏や秋にはできるだけブタクサやイネに近づかない、また洗濯物を干す際にも注意をすると言う対処もとることができます。
また自分が、これらの植物に対してアレルギーを持っているのかどうかを調べてもらうのも大切です。

記事一覧
薬を飲む女性

花粉症というと春の風物詩と思う人も多いかと思いますが、夏から秋にかけてのものも昨今増えています。 春...

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ